FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は勤労感謝の日

    旅に出て忘れ勤労感謝の日    鷹羽 狩行

  もうすぐこのブログも
  書き始めてから11年になります。
  これだけの期間を
  本を読んで
  その書評めいた文章を書いてきましたが
  時には
  本を読むのもしんどくなることだって
  やはりあります。
  本好きの皆さんは
  そんなことありませんか。
  今日はそんな人のために
  若松英輔さんの
  『本を読めなくなった人のための読書論』を
  紹介します。

    本は、作者に書かれただけではいのちを帯びることはありません。
    まだ、種子のような状態です。
    それは、読まれることによって育ち、
    開花していくのです。

  いい文章です。
  さあ、この本の花を咲かせましょう。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  本を読むのも勇気がいる                   

 最近たまに本が読めなくなっていることに気づくことがあります。
 あるいは、本を読んでも楽しくない、夢中になれない自分に気づくことがあったりして、そんな時に出会ったのが、この本。
 「本を読めなくなった人」って自分のことです。
 でも、そんな人に向けた「読書論」って、まるで逆説のような気もしますが。
 書いたのは気鋭の文芸評論家、若松英輔氏。
 あらかじめ書いておくと、この本を読んだからといって本が読めるようになるわけではない。
 ましてや読書嫌いの人が本好きになったりもしない。
 でも、少し勇気が出ます。

 本が読めなくなっているというのは「新しい読書の次元が開けるという人生の合図」と、若松氏はいいます。
 「新しい読書の次元」とは他人に左右されない、自分だけの読み方かもしれません。
 「人が何を、どう、どれくらい読んでいるか」は気になります。例えば書店によくあるベストセラーの順位なんかはその顕著なものです。
 それは気にしないでいい、とあります。
 「他者と比べる習慣から自由になることができれば」いいのだと、若松氏は書いています。

 そもそも読書そのものが自分だけの行為です。
 その行為が他人と交わることもありますが、この本にあるように「読書とは、自分以外の人の書いた言葉を扉にして、未知なる自分に出会う」行為です。
 本を読めなくなった人が果たしてわざわざ「読書論」を読むかどうかわかりませんが、きっとこの本を読めば、もう少し本とつきあってみるかと感じるのではないでしょうか。
  
(2019/11/23 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4149-af5cc46b