FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  野菜で一番好きなのは? と聞かれると
  少し困りますが
  まあ大根は上位に間違いなくはいります。
  大根料理で一番好きなのが
  素朴な大根おろし。
  醤油をかけただけのもの。
  これがあれば
  おかずがなくても
  御飯をお茶碗二杯いけるかな。
  初めて自分で大根を育てて
  手にもった時の感動は
  結構心に染みました。
  今日な一冊まるごと大根の絵本を
  紹介します。
  久住昌之さんの『大根はエライ』。
  大根好きには
  たまらない一冊です。

  じゃあ、読もう。  

  

sai.wingpen  わたし、大根の味方です                   

 大根は一年中店頭に並んでいますが、一番おいしいのは晩秋から初冬にかけての時期。
 なので、俳句の世界では大根は冬の季語。
 「歳時記」にも詳しく載っていて、「中央アジア原産とみられるアブラナ科の二年草」から始まり「主に地下の多汁・多肉質の長大な根を食べるが、葉も食べられる」とつづく。
 まだ解説文は続くから、「歳時記」の担当者は相当の大根好きをみた。
 そして、ここにもいた、大根好きが。
 作者は谷口ジローさんと『孤独のグルメ』を共著した漫画家久住昌之さん。
 その大根愛たるは相当なもので、この絵本一冊、まるまる大根づくしなのである。

 大根を人間にたとえると「まじめでおとなしい感じ」とあります。
 色白だし。まっすぐで姿勢もいいし。
 でも、大根の料理といえば、その数は数えきれないほど。
 まずは大根おろし。しかもこれは色んな料理と合います。
 サンマにも添い寝しますし、たまご焼きにも。
 うーん、節操がない。(なんだか東海林さだおさん風になってきた)
 生ではサラダ、煮てもいい。
 大根は相手の味を引き立てるだけで、自分はでしゃばらない。
 大根に見習わないといけないことばかり。

 料理の話ばかりではない。
 「大根役者」の語源とか主だった品種といったまじめな(料理もまじめでしたが)話もちゃんと描かれている。
 こんなおいしい大根の絵本を本屋さんだけで売るのはもったいない。
 ぜひ八百屋さんでも売って欲しいもの。
 そうしたら、今夜はおでんという家が増えそうだ。
  
(2019/11/24 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4150-543615ca