FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今年もあと2日。
  明日の大晦日に対して
  その前日の今日は小晦日
  冗談のようだが
  ちゃんと歳時記にも載っています。

    さし来る日かくも斜めや小晦日        岩田 由美

  なので、
  こちらも大急ぎで今年の大河ドラマ「いだてん」について
  書いておきます。
  オリンピック前年にあたる今年
  かつて日本人が始めて参加したオリンピックや
  前回の東京オリンピックの話などを描いた作品だけに
  興味しんしんで
  毎回楽しませてもらいました。
  視聴率は今までも大河ドラマで最低となる不名誉な記録となりましたが
  どうも来年のオリンピックへの関心が低いのではと
  心配になります。
  昭和39年の前年の暮れの紅白歌合戦には
  渥美清さんが聖火ランナーに扮して会場入りしたそうです。
  そして、最後には「東京五輪音頭」を全員で歌ったとか。
  今年の紅白はどうなるのかな。
  そんなことを泉麻人さんの
  『1964 前の東京オリンピックのころを回想してみた。』を読んで
  考えさせられました。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  あれから56年                   

 書名の「1964」とは、副題にあるように「前の東京オリンピック」が開催された1964年、つまり昭和39年のことである。
 著者の泉麻人さんといえば、東京とかサブカルチャーをテーマに長年書き続けているエッセイストで、泉さんが生まれたのが1956年ということで私とほぼ同じ年代ということもあって経験していることも近似値なので、いつもアルバムをひっくり返すように楽しませてもらっている。
 もちろん泉さんは東京生まれで、私が生まれた大阪近郊の街とはかなり環境も違うが、昭和30年代後半はちょうどテレビが普及してきて、そういう点では全国どこであっても同じ経験をした少年少女が多いのではないだろうか。

 1964年の社会や世相を回顧しているこの本を開けば、例えばNHKで放送していた「なんでも考え、なんでも知って、なんでもかんでもやってみよう」の「ものしり博士」とかこの年の6月に始まった「少年忍者 風のフジ丸」とか「忍者部隊月光」の話など、もっともっとせがみたくなる話題ばかりだ。
 あるいは相撲中継でよくあった「分解写真」のこと。「”分解写真の相撲”のマネを弟とよくやったもの」というのは、そっくり私にも当てはまる。

 この当時のことを描いたNHKの大河ドラマ「いだてん」でも描かれていたが、この年の東京は日照り続きで深刻な水不足だったようだが、私にはその記憶はまったくないのは大阪ではそんなことはなかったのだろうか。
 あるいは、10月10日に全校体育があったともあるが、これも記憶にない。
 この日は土曜日で、テレビ観戦したことは記憶にあるが。
  
(2019/12/30 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4184-31188fd3