FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  年末に本棚の片づけをしていると
  2009年4月に発行された
  「岩波ジュニア新書読書ガイドブック」なる
  小冊子がでてきました。
  この時創刊30年だったそうで
  だったら昨年2019年は
  岩波ジュニア新書創刊40年だったわけです。
  30年記念のキャッチコピーは

    これからも、キホン

  きっとこれは40年になっても
  変わらないと思います。
  今日は
  そんな岩波ジュニア新書から
  2019年11月に出た
  佐藤郁良さんの
  『俳句を楽しむ』を
  紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  岩波ジュニア新書で俳句入門                   

 人間、どんなきっかけで変われるかわからない。
 岩波ジュニア新書ということであるから中高生向きの新書だから、著者が現役の高校の先生であっても問題はないが、この新書の著者である開成高校の国語の先生である佐藤先生は俳人の顔も持っている。
 しかも、俳人になったきっかけというのは、先生になって10年めの2001年、「俳句甲子園」のイベントに生徒たちを引率したところからだという。
 「俳句甲子園」は今ではすっかり有名になった高校生の俳句イベントだが、2001年当時はそれほどでもなかったようで、佐藤先生が勤務している開成高校の生徒なら俳句がつくれるだろうほどのお誘いではなかったか。
 結果、この時の大会は準優勝。さすが開成と誰もが認める成績を残します。
 しかし、彼らはそれで満足しなかった。
 そんな生徒たちの熱意に動かされて、佐藤先生もまた俳句にのめり込んで、やがて俳人となって、この新書のように中高生向きの俳句入門書まで執筆するようになる。

 そんな佐藤先生が書いた俳句入門書だが、実にわかりやすい。
 第1章では開成高校俳句部の活動などを紹介し、第2章の「俳句を鑑賞する」から俳句の基本である「切れ字」や「取り合わせ」や「表現技巧」を解説し、第3章では「季語の世界」をじっくりと綴っている。
 そして、第4章「実作への一歩」からいよいよ作句、最後の第5章で「句会」や「吟行」などで「俳句を楽しむ」と世界を広げる。

 岩波ジュニア新書ならではのわかりやすさ。
 俳句入門にはうってつけの一冊だ。
  
(2020/01/11 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4198-3e3fba5c