FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  図書館流通センターの役員である
  谷一文子さんの
  『これからの図書館』という本を
  紹介します。
  図書館流通センター、略してTRC
  皆さんの近くの図書館も
  もしかしたら運営しているかもしれません。
  副題に
  「まちとひとが豊かになるしかけ」とあるように
  図書館は町おこしにも重要なファクターであることは
  間違いありません。
  単に本の貸出しをしている図書館ではなく
  人と人が触れ合う
  さまざまな仕掛けをする
  それがこれからの図書館のありかただと
  思います。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  図書館好きのあなたならきっと喜ぶ一冊                   

 図書館が好きだ。
 毎週必ず一度は行く。
 最近は図書館もシステム化が進んでいるのから、インターネットで新刊の入荷状況もわかるし蔵書の有無も簡単に検索できる。予約もインターネットでできるし、その本が入荷したのもメールで教えてくれる。
 そのことで便利になったとは感じているが、以前のように図書館の棚から棚を見て歩くことがなくなったのはちょっと残念だ。自分が歩けばいいだけなのだが。
 利便性はある意味思いがけない出会いをなくしてしまいかねない。
 図書館には自分が知らない世界がうんとあるはずだ。
 だから、図書館は面白いのだ。

 この本の著者谷一文子(たにいち あやこ)さんはかつて図書館流通センター(TRC)の社長や会長をされた方で、現在も同社の取締役をしている。
 図書館流通センターは図書館への配本だけでなく運営にも関わっている会社で、近くのちょっと素敵な図書館があれば、もしかしたらTRCが運営しているかもしれない。
 最近の図書館には汚い暗い臭いといった3Kのイメージはない。
 すっかり明るくなった図書館だがそれでもまだまだ問題点はある。
 この本では著者が図書館とともに歩んできた日々だけでなく、現在の図書館事情や図書館の楽しみ方まで書かれていて、図書館に関わる人だけでなく図書館が好きな人にはたまらない一冊になっている。

 なかでもジャーナリストの猪谷千香さんやブックディレクターの幅允孝との二つの対談は刺激的で興味深いものだった。
 巻末には著者おすすめの図書館が日本だけでなく海外のもあって、行けなくても読んでいるだけでわくわくしてくる。
  
(2020/01/18 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4202-3742d406