FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  久しぶりに読書の醍醐味を
  味わいました。
  スーザン。オーリアンさんが書いた
  ノンフィクション作品、
  『炎の中の図書館』。
  でも、この作品は原題の
  「THE LIBRARY BOOK」の方がいいかもしれません。
  1900年初めの頃の
  ロサンゼルス中央図書館の責任者だった
  チャールズ・ラミスが作ったビラには
  こんなことが書かれていたそうです。

    あなたは本を読みたいですか?
    学びたいですか?
    ロサンゼルス公共図書館はあなたのためにあるのです。

  この言葉は決して古びていません。
  今でも生きている
  そして、どこの図書館でも通用する
  言葉だと思います。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  図書館が好きな人、本が好きな人、必読です                   

 この作品は、1986年4月29日に発生したロサンゼルス中央図書館の大火災を描いた、なんともスリリングなノンフィクションだ。
 図書館にあるのは当然本であるから、そこでの火災が大規模になればどれだけの被害になるか想像もつかない。
 この火災の場合、燃えた本は40万冊、消火の際の放水などで70万冊が損傷したという。
 さらにこの火災が起こったのは白昼で、火災原因がなかなか特定されない中、一人の俳優志望の青年が逮捕される。逮捕容疑は放火。決めてはこの青年が事件後関与は疑わせる発言を繰り返していたこと。
 この作品ではもちろんこの青年の関与について、彼の家族等のインタビューや彼の弁護士の発言等で追いかけていく。実際青年は起訴されずに釈放されているが、真実が不明のまま、青年は1993年エイズの合併症で亡くなっている。

 しかし、著者は犯人捜しをしようとしたわけではない。
 著者がここで描こうとしたのは、ロサンゼルス図書館という施設の伝記であるといっていい。その時間の中で、大火災があったという事実があるだけだ。
 それだけであれば、この本は薄っぺらな事件ものに過ぎなかっただろう。
 ここにはロサンゼルス図書館誕生から、代々の責任者がどのような問題に直面し、そしてどう対処したかも描かれている。
 あるいは、図書館で働く人たちの姿を描くことで、図書館の機能そのものもわかるようになっている。
 さらにはこの建物が作られた当時のエピソード、火災のあとの再建への足取りなど、図書館の魅力が満載なのである。
 こんなに刺激的な作品は、めったにあるものではない。
  
(2020/01/31 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4220-0ffc50da