FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今でも和田誠さんが亡くなったなんて
  信じられないでいる。
  だって、いたるところで
  和田誠さんが描いた表紙絵とか挿絵とか
  まだ見かけるもの。
  特に本の装幀なんかも
  たくさんされているから
  本棚からひょっと抜き出したら
  それが和田誠さんの装幀した本なんてことも
  よくある。
  今日はそんな和田誠さんの
  多彩な一面が本になった
  『和田誠切抜帖』を紹介します。
  やっぱり
  和田誠さんってすごいや。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  和田誠さんはいくつの顔を持ってたのかな                   

 昔「七つの顔を持つ男」と呼ばれた多羅尾伴内という探偵を主人公にした映画や漫画があったが、昨年(2019年)10月に亡くなった和田誠さんも七つぐらいの顔を持っていたかもしれない。
 イラストレーター、装幀家、エッセイスト、絵本作家、映画監督、作詞家、脚本家、まだまだありそう。
 そんな多彩な才能をもった和田さんの仕事の一端を覗ける貴重な一冊がこの本。

 2007年に刊行されたものだが、エッセイだけでなく、和田さんお得意の似顔絵や週刊文春の表紙を飾った何枚かのイラストも見られる。
 漫画家赤塚不二夫さんとの面白い対談もあれば、和田さんの愛猫シジミの話もある。
 読書のこともあれば、父親のことを語った文章もある。
 和田さんの父親は和田精といって日本の初期の放送界にあって欠かせない人物であったようだ。そんな父親だが、あまり和田さんにその功績を自慢することもなかったし、和田さんもまたそんな父親を自慢したりもしなかった。
 そんなところが和田さんのえらいところ。

 そして、この本の極めつけは四歳の時に描いたという絵本だ。(バラバラに描き散らかしていたのを母親がまとめて綴じておいてくれたというから、お母さんもいい人だったにちがいない)
 絵心というのは幼い時からあるものかどうかわからないが、こういう作品? を見せられると、やはり和田少年は成長してイラストレーターになるべくしてあったのかもしれないと思ってしまう。
 まさかその子が七つの顔を持つまでになるとは、さすがにお父さんもお母さんも思わなかったのでは。
  
(2020/03/31 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4279-2329ac8c