FC2ブログ
 「緊急事態宣言」が埼玉県にも出され、
 そのためさいたま市では図書館の休館をさらに延長し、
 5月6日までとなりました。
 それで収まればいいのですが。
 図書館は開いて欲しいですが
 こればかりは仕方がありません。

 昨日紹介した
 江戸川乱歩の『少年探偵団』は
 さいたま市の図書館から借りた電子書籍
 読みましたと書いたので
 そこで今日は
 電子書籍のことを少し書いてみたいと思います。

 実は全国の公共図書館で
 電子書籍の貸出サービスをしているところは
 まだ少なく
 全国で100もありません。
 なので
 さいたま市の場合はすごく恵まれた環境にあると思います。

 情報社会が大きく変動して
 いずれ電子書籍しか知らない人たちも増えてくることが
 考えられます。
 そうなれば、本は紙でないといけないみたいな人も
 少なくなってくるのだと思います。
 今、私たちが当たり前のように使っている
 スマホだって
 わずかここ10年ばかりに急激に普及したものです。
 なので、
 電子書籍にも早く慣れておきたいと
 思っていたのですが
 なかなか前にいけずにいたところ
 今回の新型コロナウイルスの影響で
 図書館が長期休館となって
 紙の本の貸出ができなくなったので
 今がいい機会だと
 思い切って借り出しました。

 さいたま市の場合
 電子書籍の借り出し点数は3点です。
 紙の本の場合30点までできるのですが
 ここが大きく違います。
 借り出せる期間は14日間。
 紙の本の場合は
 返すのが遅くなっても
 督促とかはあるようですが
 手元から消えることはありませんが
 電子書籍の場合
 データが消えてしまいます。

 電子書籍だからといって
 たくさんの人が一度に借り出せるかというと
 そんなことはなくて
 誰かが借り出していれば
 予約をして順番待ちということになります。
 さいたま市電子書籍
 予約も3点までとなっています。

 電子書籍は扱っていますが
 紙の本とちがって
 新刊などはほとんど扱いがありません。
 図書館で扱う電子書籍にも
 色々な縛りがあるのだと思います。
 なので
 読みたい本を図書館で簡単に読めるとしたら
 やはり紙の本ということになります。
 ただ
 図書館によって電子書籍の読み方とかも
 違いがあるようですから
 それぞれの図書館に聞いてみるのが
 いいと思います。

 電子書籍が読みやすいかどうかは
 また別の機会に。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4289-b00e7279