FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  新型コロナウイルスの影響で
  全国に緊急事態宣言が出され
  困っているのが
  街の飲食店さん。
  いろんな工夫で頑張っていて
  最近目につくのが
  テイクアウト始めましたのポスター。
  そういえば
  国民に一人10万円支給という政策で
  もらった10万円で
  困っている飲食店さんのために
  その分テイクアウトしますという人もいました。
  集まって食べるのは
  なかなか難しい時局ですが
  せめて食べ物エッセイで
  おいしさを味わいたい。
  今日は
  東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズから
  文春文庫版の最新刊
  『焼き鳥の丸かじり』を紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  文庫解説文の書評-今解き明かされる東海林エッセイの魅力                   

 おなじみ東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズの文春文庫版。
 文庫版も、めでたく本作で40作め。
 今回この巻にはとっても気になることがありました。
 というのも、文春文庫版の「丸かじり」シリーズの装幀はずっと和田誠さんがなさっておられた。
 その和田誠さんが2019年10月に亡くなって、没後初めて出る巻がこの巻で、さてどなたが装幀なさるのか、ちょっと想定できなかった。
 で、文庫カバーの表紙。
 今までも違うかといえば、違わない。
 これは和田誠さんの怨霊か。
 カバー裏を見ると「東海林さだお/和田誠事務所」となっている。
 わかったような、わからないような。
 つまりは和田誠さんの雰囲気を残しつつ、はじまりはじまり。

 今回の文庫本の解説は荻原浩さん。
 なんといっても、埼玉が生んだ直木賞作家ですぞ。
 さすが記念すべき第40作めの解説だけある。
 しかも、荻原浩さんは直木賞作家だけあって、東海林さだおさんの文章の魅力が鋭く解明。
 それが「文章の改行」。
 みんなわかっていたけど、なかなか言えなかった東海林エッセイの魅力の全貌が明らかになりました。
 よくぞ言ってくれました、荻原浩さん。

 世の中にブログとかSNSが普及する以前から東海林さだおさんの文章はそれを予測していたかのように、
 改行によってわかりやすく、読みやすくできた文体だったのです。
 ぜひ、この文春文庫でも東海林エッセイの魅力にはまってみて下さい。
  
(2020/04/21 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4301-ae8471a2