FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日紹介するのは
  東海林さだおさんの
  『ひとりメシ超入門』。
  これはあの「丸かじり」シリーズから
  40編を選びだして構成した新書です。
  この中では
  色々なお店が登場してきます。
  実名入りのものもありますが
  中に「ひきこもりラーメン」という話があります。
  仕切りのあるスペースで
  ラーメンを食するというお店。
  この回には実名がないのですが
  これってどう読んでも
  あの有名ラーメン店「一蘭」でしょ。
  コロナ時代を先取りしたような
  お店です。
  ちなみに
  「一蘭」のHPでは
  「味集中カウンター」となっています。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  新しい時代のサバイバル本・・・かも                   

 新型コロナウイルスの感染予防対策で休業を余儀なくされて、今街の飲食店は苦境に立たされています。
 緊急事態宣言が解除されたのちも、飲食店では席の間隔を取るであったり、できるだけ横に坐ってもらい対面を避けるなどの対策が求められます。
 相席や大皿での提供も避けるようにするというのもあります。
 食事はできれば大勢の人と楽しくしたい。
 美味しいものを食するだけでなく、人と楽しくおしゃべりするのも、食事の楽しみですが、新しい食事の楽しみ方をつくらないといけない。

 まさかそんな時代を見越した訳ではないでしょうが、(この本が出たのは2020年2月)、これからは「ひとりメシ」をもっと楽しむのがいいかもしれません。
 東海林さだおさんといえば、漫画家であるとともに食のエッセイストとしても、今やレジェンド。
 あの「丸かじり」シリーズは1987年の連載開始から今でも続くご長寿エッセイになっていて、この本ではその膨大な中から「ひとりメシ」ネタを40編収録しています。

 中でも私が抱腹絶倒、大笑いしたのが、「うどん屋の地獄」という話。
 ある日、ショージ先生、ひとりで某うどんチェーンのお店に入ったところ、四人掛けの席に案内されます。この時、お店は八分の入り。
 ところが、次第に込みだして待ちのお客さんがずらり。
 こんな時に限って、四人掛けの席で一人のショージ先生が注文したのが、熱い熱いけんちんうどん。
 待ちのお客さんの冷たい視線であたふたする様子がもう「地獄」。

 きっとこういう事態も、新しいコロナとの共存時代には当たり前になるのかな。
  
(2020/05/26 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4336-e7d3193c