FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日から7月

    七月や少年川に育まれ     山根 真矢

  コロナ禍がなければ
  本来はオリンピックが開催されるはずであった
  7月ですが
  残念ながら
  延期となって
  さらにはまだまだどうなるかわかりません。
  一年前に
  まさかこんなことになるなんて
  誰も予想だにしなかったのではないでしょうか。
  気分を変えて
  今日は中公文庫から
  出たばかりの
  和田誠さんの『ことばの波止場』を
  紹介します。
  和田誠さんが亡くなっても
  こうして本が刊行されるのって
  うれしいな。

  じゃあ、読もう。 

  

sai.wingpen  和田誠さんはことばの感度が高かった                   

 この本は珍しい、イラストレーターの和田誠さんの講演録である。
 冒頭の「プロローグ」によれば、1994年の夏箱根で開催されたサマー・カレッジというセミナーでの講義録で、和田さんにとって講演は初体験であったらしい。
 主催者の一人であったクレヨンハウスの落合恵子さんに誘われたという。
 このセミナーの参加者は児童書に興味をもつ人や学校の先生など約600人。
 さすがにこれだけの聴衆となれば、和田さんでなくとも緊張する。
 講演時間は90分だが、和田はしっかりノートまで作って用意したそうだ。
 おかげで、単に講演録ではない、ちゃんと一冊の本として読めるものができたことになる。
 この講演のテーマは「ことば遊び」。
 和田さんの子供の頃から触れてきた、さまざまなことばとのことが語られていく。

 和田さんといえば、名著『お楽しみはこれからだ』シリーズがある。
 あの本は映画の名セリフを和田さんのイラストとともに紹介する映画エッセイだが、その当時はビデオやDVDなどはなく、ほとんど和田さんの記憶にたどって書かれたものだった。
 和田さんは言葉に対する記憶力が数段にすぐれた人だったのだろう。
 この講演でも子供時代に耳にしたり目にした「ことば」がたくさん出てくる。
 きっと「ことば」に対する感度が高い子供だったにちがいない。

 そして、回文や折句(歌の中に別のことばを折り込む)など、自身でも作って楽しんでいる。
 和田誠さんは、そういうことを楽しめる大人であったのだと思う。
  
(2020/07/01 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4373-ae25bef3