FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  本橋信宏さんの『ベストセラー伝説』という
  本を紹介します。
  この本に
  青春出版社から出た
  森一郎さんの『試験にでる英単語』のことも
  書かれています 。
  いやあ、懐かしいな。
  私も大学受験の時
  この「でる単」のお世話になりました。
  「でる単」というのは
  『試験にでる英単語』の愛称だとか。
  でも、そんな風に言った記憶はないけど。
  何しろこの「でる単」では
  1800語英単語を覚えたらいいというのですから
  受験生にとって
  大助かりの一冊でした。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  昭和30年生まれの私にドンピシャ                   

 「ベストセラー」を広辞苑で調べると、「ある期間に最高の売上げをみせた書籍」とあるから、雑誌は100万部売れても「ベストセラー」といわないのではないか。
 そんなことを思いながら、でも、この本でいえば、秋田書店の「冒険王」や「少年チャンピン」の話や少年画報社の「少年画報」と桑田次郎の「まぼろし探偵」といった今や伝説のようになった雑誌のことが読みたいではないか。
 あるいは、学校で販売されていた(ような記憶がある)学研の「科学」や「学習」のことを知りたいではないか。
 つまり、この本は「ベストセラー」という言葉にこだわることなく、著者の本橋信宏さんが「はじめに」の冒頭に記している、「夕陽の向こうに消えていった懐かしい出版物とそれを作った編集者たちの物語」なのだ。

 本橋信宏さんは1956年(昭和31年)生まれで、その同年代の読者(私もその一人であるが)にとっては、先にあげた月刊漫画誌などは懐かしいと思う。
 あるいは、「科学」「学習」といえば、小学館の学年誌とは違った印象を持っている人も多いのではないか。
 本橋さん世代にとってはひたすら懐かしい雑誌たちであるが、少し年が離れると、全く受けとめ方が違うはずだ。
 どんな世代でも自分にとっては懐かしい雑誌やはずせないベストセラーはある。
 だから、あえてこの本で紹介されている雑誌や書籍のことをいうならば、昭和30年前後の本橋さん世代に欠かせない「ベストセラー伝説」だろう。
  
(2020/07/02 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4374-d95c5789