FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  前川恒雄といっても
  知らない人が多いかもしれません。
  図書館学を勉強した人なら
  知っているでしょうが。
  私は何故かこの人の名前だけは目にしていたことがあって
  なので
  その訃報には少し心が痛みました。
  4月10日のことです。
  前川恒雄さんは89歳でした。
  今日紹介する
  『移動図書館ひまわり号』は
  前川恒雄さんが図書館開設に向けて
  奮闘する話ですが
  それよりも現在の図書館の姿を牽引する姿に
  感動します。

    図書館は、人々が本と出合い本を利用することによって、
    自分の可能性を発見し育てていく所

  この本の一節です。
  図書館で働く人たち、
  図書館を利用する私たちが
  忘れてはならない言葉だと思います。

  ご冥福をお祈りします。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  追悼・前川恒雄さん - あなたに感謝                   

 新型コロナウイルスが急速に広がり始めていた2020年4月10日、一人の図書館学者が亡くなった。
 その後の4月23日の朝日新聞「天声人語」に「戦後日本の図書館のありようを大転換してくれた先人」と記されたその人こそ、前川恒雄、この本の著者であり、この本に描かれているように東京日野市立図書館の初代館長である。

 私たちが現在使っている公共図書館は本の所蔵数にしろ館の広さにしろ館内の明るさにしろ、なんとも快適な施設である。
 しかし、前川さんが日野市の図書館に関わるようになった昭和40年当時は図書館は暗くかび臭い印象がつきまとった施設であった。
 何しろ当時の図書館員は胸を張って自分の仕事が言えないほどであったという。
 前川さんが迎えられた日野市にしても、図書館があったわけではない。
 前川さんはじめスタッフが一から図書館作りを始め、その最初が「ひまわり号」と名付けられた移動図書館だった。

 移動図書館こそ「本当の図書館とは何かを、市民に肌で分かってもらうための唯一の方法」だった、とこの本に記した前川さんにとって、「本当の図書館」とは市民の求めに応じてしっかりと本を貸し出すところということだろう。
 今ではどこの図書館も当たり前のようにやっている「予約(リクエスト)サービス」も日本では前川さんたちの日野の図書館が最初だったそうだ。

 移動図書館から中央図書館の開館まで、この本に描かれているのは単に日野市の図書館の歩みではなく、この国の図書館の歩みでもある。
  
(2020/07/11 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4383-aa70c34e