FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  花房観音さんの
  『京都に女王と呼ばれた作家がいた』という
  問題作を紹介します。
  副題が
  「山村美紗とふたりの男」。
  山村美紗さんというのは
  かつての人気ミステリー作家。
  女優の山村紅葉さんのお母さんでもあります。
  派手やかな女性作家さんでしたから
  毀誉褒貶もあって
  さらには有名な作家との関係もあやしく
  花房観音さんも
  覚悟の執筆なんでしょうね。
  山村美紗さんの作品は読んだことがありませんが
  この評伝は面白く読みました。

  じゃあ、読もう。 

  

sai.wingpen  「文壇タブー」ってあるんだ、やっぱり                   

 ミステリー小説はほとんど読んだことがない。
 だから、それが原作となったテレビドラマに夢中になったこともない。
 けれど、この本でその生涯を描かれることになる山村美紗の名前は知っているし、その容姿も記憶にある。
 何しろ彼女は「ミステリーの女王」と呼ばれた超有名な作家だったから。
 「二百冊以上の本を出し、その半分以上がドラマ化され、高額納税者として新聞に名前が載り、赤やピンクのドレスを身に着け人前に現れた」と、この本に記された人。
 そして、京都を愛し、そこに住んだ作家。
 そんな山村美紗には二人の男が濃密に関わっていく。
 一人は夫。そして、もう一人はベストセラー作家西村京太郎。

 この作品を書いた花房観音はデビュー作『花祀り』で団鬼六大賞を受賞、それ以降京都を舞台に数々の官能小説を書いてきた。
花房もまた京都を愛する作家であることはまちがいない。
 だから、絶頂期の1996年、62歳で亡くなった山村美紗のことが気になったのだし、彼女に深く関わった男が二人いたこともまた花房の関心を惹いたのだろう。
 しかし、花房が直面したのは「文壇タブー」の問題。
 かつてのベストセラー作家の生涯を描くためには、もう一人の現役ベストセラー作家との関係も描かざるをえない。
 そこに多くの出版社が拒絶反応を示したという。
 それでも花房は山村美紗を書きたいと思った。そこには興味本位で「文壇ゴシップ」を書こうとするものではない、花房観音の作家としての矜持を感じる。
  
(2020/09/04投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4437-158c3dd9