FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  絵本に限らず
  本を読む際に
  作者の自作を語る言葉が時に
  とても役に立つことがあります。
  今日紹介する絵本、
  石川えりこさんの『流木のいえ』は
  作者のことばを読んで
  絵本が持っている意味が
  とてもよくわかりました。
  さすがにこの絵本が
  絵本作家の田島征三さんの影響を受けていたとは
  ことばを読むまでは
  わかりませんでした。
  お父さんに本を買ってもらったというのも
  いい話です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  感謝がつながっていく                   

 この絵本が出た2017年にある雑誌に作者の石川えりこさんはこんなことを綴っています。
 「小さなころ、誕生日や父のお給料日には必ず街の本屋さんへ連れて行ってもらい、本を一冊買ってもらいました。(中略)そうやって私の本棚には、「とくべつな本」が一冊ずつ増えていきました。」(月刊「こどもの本」2017年10月号)
 石川さんは昭和30年生まれですが、その頃のこの国はまだそんなに豊かではありませんでした。
 つぎあてをした服や鼻水にてかてかになった袖口の服など当たり前であったそんな生活で、きっと石川さんのようなお父さんがいること自体とても恵まれたものだったと思います。
 お父さんがどのような大人になることを娘に願っていたのかわかりませんが、少なくともそうやって読んできた本たちの結晶がこうして一冊の絵本になったのですから、本の力、お父さんの優しさはすごいものだと思います。

 そして、もう一人、この絵本に影響を与えたのが絵本作家の田島征三さんでした。
 先の雑誌の中で、田島征三さんが新潟に美術館の立ち上げる準備をした際に手伝いをしたことが書かれています。
 海に流れついた流木で何かを創り出す、この絵本に出てくる絵描きは田島征三さんがモデルだったみたいです。

 絵本の最後に書かれた石川さんのメッセージ、出会った本と出会った絵描きへの感謝の意味がこれでわかりました。
 そして、そんな石川さんが描いた絵本に読者もまた感謝です。
  
(2020/09/27 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4455-c8051059