FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日から11月

    あたゝかき十一月もすみにけり     中村 草田男

  立冬は次の土曜日ですが
  「11月」は冬の季語になっています。
  といっても
  今が秋本番でしょうね。
  そこで
  今日は秋らしい絵本を紹介します。
  林木林さん文、
  柿田ゆかりさん絵の
  『あきやさいのあきわっしょい!』。
  今年はコロナの影響で
  各地の秋まつりが中止になっていますが
  この絵本では
  元気なわっしょいが楽しめます。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  言葉は自由がおいしい                   

 夏野菜もいいですが、季節は秋。
 この絵本のように、旬の秋野菜を楽しみたいところ。
 まずはなんといっても、いも類がおいしくなります。
 さつまいも、じゃがいも、さといも。
 彼らが神輿をかつげば、「わっしょいも! わっしょいも!」と「いも」の連呼。
 次に現れたのが、野菜の神輿。
 担ぎ手は秋なすににんじん、それにごぼう。
 彼らの掛け声は「ヤッサイ! ヤッサイ!」。
 そこに「ちょっと まったけ!」と現れたのが、きのこたちの神輿。
 まつたけだけでなく、秋はきのこがおいしい季節です。
 「ちょっと まって くり!」と神輿をとめてやってきたのが、くだものたちの車。
 ぶどうにりんご、なしにくり。
 「くだものの のりものだもの」なんて、しゃれてます。

 こんなふうに言葉遊びがふんだんに盛り込まれているので、声を出して、リズムをとって楽しみたいもの。
 秋野菜が味わうだけでなく、見た目も季節を感じるようにです。
 作者の林木林さんは自作の詩を自身の朗読で競い合う「詩のボクシング」全国大会で優勝したことがあるのだとか。
 この絵本を読むと、言葉は自由に楽しむものだというのが実感できます。
 ちなみに、この絵本の絵を担当している柿田ゆかりさんは偶然柿つながりになったようです。
  
(2020/11/01 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4498-4cef96dc