FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  二十四節気のひとつ、小雪

    小雪といふ野のかげり田のひかり     市村 究一郎

  とはいっても
  記録的な暖かさで
  先日も夏日になったりして驚きました。
  今日紹介する
  ジョセフ・コエローさんの『おもいではきえないよ』は
  読書推進運動協議会が作った
  「敬老の日読書のすすめ」というリーフレットで見つけた
  絵本です。
  このリーフレットは
  当然シニアの人向けに作られていますが
  その中にあって
  絵本という選択もなかなか
  いいものです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  誰もがこれから往く道                   

 最初誰にも父と母がいる。
 同じようにおじいちゃんもおばあちゃんも。
 小さい頃におじいちゃんやおばあちゃんがいた子供はなんて幸せなのかと思う。
 まさに「ドラえもん」ののび太君がおばあちゃん大好きだったように。
 イギリスの作家ジョセフ・コエローが文を書いたこの絵本は、小さな女の子とそのおじいちゃんの物語だ。
 女の子とおじいちゃんは春も夏も秋も冬もいつも一緒にいる。
 けれど、おじいちゃんは死んでしまう。
 絵本ではこの場面はおじいちゃんがいつも座っていたソファだけを描いて(絵を描いたのはオーストラリア在住のアリソン・コルポイズという人)、添えられた文章は「おじいちゃんの物語は、もうきけない。」。
 絵本を読む子供たちが、「死」、愛する人がいなくなるってどういうことなのか実感できるのではないだろうか。
 この女の子はただ悲しんでいるだけではない。
 「おもいではきっと、いつでもあそびにいけるへやなんだって」気づく。
 思い出の中のおじいちゃんはいつもにこにこ、やさしい。
 そして、今度こそどこにもいかない。
 子供だけでなく、おじいちゃんおばあちゃん世代にも胸が熱くなる絵本だ。
  
(2020/11/22 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4518-d7f17e16