FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  タイトルの「モミの木」や
  いせひでこさんが描いた表紙の若い母親は
  クリスマスツリーを飾っているように見えて
  クリスマスの絵本かと思っていまいますが
  この『けんちゃんのモミの木』は
  35年前の起こった日航ジャンボ機墜落事故で犠牲となった
  当時9歳だった次男を亡くされた
  美谷島邦子さんが書かれた
  鎮魂の絵本です。
  いせひでこさんとは
  御巣鷹慰霊登山を通じて親交があったそうです。
  来年には
  東日本大震災から10年になります。
  災害や事故は風化しがちですが
  悲しみは決して風化しません。
  そんな絵本です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  いのちをつなぐ                   

 1985年8月12日に起こった日航ジャンボ機墜落事故から2020年で35年になりました。
 520人という多くの尊い命が犠牲となったこの事故で、この絵本の作者である美谷島邦子さんも当時9歳だった次男の健ちゃんを亡くしています。
 月日が経つとともにどんなに大きな事故であっても風化していきます。
 まして35年という長い時間は、あの事故を知らない人が増えていることでもあります。

 この絵本を手にするお父さんもお母さんも、もしかしたらあの事故を知らない世代かもしれません。
 絵本の中には飛行機の残骸も描かれていないので、飛行機事故の犠牲になった幼い命とそのお母さんのお話だとはわからないかもしれません。
 けれど、どうか忘れないでください。
 あの日、多くの命とさようならをしたもっと多くの人たちがいたことを。

 そして、それはあの事故だけではありません。
 2011年春に起こった東日本大地震でもそうだし、近年たびたび発生する水害でもそうです。
 突然さようならをしなければならない悲しみ。
 あるいは、現在のコロナ禍ではさようならさえ言えないままお別れしないといけないといわれています。
 この本はジャンボ機が墜落した御巣鷹山に植えられて一本のもみの木の話ですが、その木はずっとたくさんの悲しみも見守っている「THE FIR TREE(もみの木)」です。
 いせひでこさんの優しい絵がそっと寄り添ってくれます。
  
(2020/12/13 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4539-da3a4e98