FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  ネットというのは
  とても便利です。
  例えば、今日紹介した
  長田弘さん詩、いせひでこさん絵の
  『風のことば 空のことば 語りかける辞典』のもとになった
  読売新聞の「こどもの詩」とは
  どんな欄なのか
  読売新聞を購読していないとわからないが
  ネットで新聞の記事の写真も
  見ることができます。
  それを見て、
  長田弘さんの文章がどんな風に添えられていたのか
  わかって
  スッキリしました。
  詩を採用された子どもにとっては
  長田弘さんの言葉こそ
  宝石のような宝ものだったでしょうね。

  じゃあ。読もう。

  

sai.wingpen  いい言葉は、決して古びない。                   

 言葉は不思議だ。
 何かを伝えたい時に使うのも、言葉。何かを教えてくれるのも、言葉。何かを足したり引いたりするのも、また言葉。
 2015年に亡くなった詩人の長田弘さんは、言葉について「辞書にある意味が全部じゃない。自分で自分用に自分だけの辞書もつくってみよう」とおっしゃった。
 そんな長田弘さんが「語りかける辞典」がこの本だ。
 かつて長田さんの『最初の質問』『幼い子は微笑む』を共に作った画家で絵本作家でもあるいせひでこさんが、長田さんの「ことば」にたくさんの絵を添えている。

 この本の元になったのは、読売新聞に2004年12月から2015年5月、つまりは長田さんが亡くなる直前まで書いていた、「こどもの詩」の選評に書かれていた文章から抜粋されて出来上がっている。
 例えば、「声」という言葉に、長田さんはこう書いている。
 「いつからか、みんな声が低くなった。言葉が聞こえにくくなった。なんか社会全体が声変わりしたみたいに。」
 どんな詩に、いつ書かれた選評からのものかわからないが、2020年のコロナ禍でもこの言葉は通用する。
 いい言葉は、決して古びない。

 もう一つ、決して古びないし、なくしてはいけない言葉。
 「平和」という言葉に、長田さんは書いた「ことば」。
 「「平和」って、「いい一日」のことなんだ。」
 なんだか、空の上から長田さんが今でも呼びかけていそうだ。
  
(2020/12/27 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4557-b32fa0f5