FC2ブログ
 昨日(2月10日)の朝日新聞朝刊に載った
 「文藝春秋」3月特別号の発売広告が
 カラー刷りだったのには
 驚いた。

  20210210_145050_convert_20210210172002.jpg

 何しろ3月号は
 恒例の芥川賞の発表号
 今回の受賞者は
 「’99年生まれ、21歳の現役大学生」で
 しかもかわいいとくれば
 写真も入れろ、カラーで刷れ、ぐらいの
 気合は入ろうというもの。
 何しろ、芥川賞史上三番目の若さというから
 すでに単行本化されて
 そちらも売上好調となれば
 「文藝春秋」だって負けてはいられない。
 そんな熱い思いを感じる
 カラー刷り広告でした。

  

 その第164回芥川賞である
 宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』は
 読んでからまた書くとして
 3月号の紙面を見ると
 やはりコロナ関連の記事が大きい。
 総力特集として
 「コロナ第三波「失敗の本質」」とある。
 その関連記事として
 ジャーナリストの後藤逸郎さんの
 「東京五輪を中止すべき「7つの理由」」
 読ませる。
 もっともこのあとで
 森会長による女性蔑視の差別発言が出るなど
 思いもしなかったでしょうが。

 実は「文藝春秋」には
 詩・短歌・俳句といった文芸ものも掲載されていて
 さすが総合誌だけのことはあると
 いつも感心している。
 3月号の短歌は
 俵万智さんが詠んでいて
 その中に面白い歌があった。

    領収書の整理をすれば令和二年「服飾「交通」まこと少なし    俵 万智

 3月号はほかにも
 「さようなら、半藤一利さん」という
 追悼特集もある。
 なんといっても半藤一利さんは
 「文藝春秋」の編集長もされた方ですので
 グラビアには「最後の原稿」まで
 掲載されている。

 とにかく読み応え十分だから
 今日の建国記念の日の祝日には
 「文藝春秋」3月号だけで
 一日過ごせるだろう。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4602-2b7b6554