FC2ブログ
 新型コロナウイルスの影響は
 経済の世界でも大きな影響を及ぼしています。
 運輸や飲食業、観光業が大きな痛手を被っている一方
 巣ごもり需要で好業績となっている企業もあります。
 そんな中、
 2月17日の朝日新聞夕刊に
 興味深い記事が出ていました。

   まちの本屋さん 巣ごもり支える

 と大きくあります。
 記事の冒頭はこうです。

    コロナ禍はまちの本屋を見直す機会となったー。
    昨年5~11月に書店店頭の売り上げが前年比を上回り、
    とりわけ住宅街や商店街の書店が好調

 記事はさらに
 緊急事態宣言下にあった4~5月は10~30%売り上げが伸びたと
 伝えています。
 ただ一方で
 ビジネス街や駅周辺は売り上げはよくなかったようです。
 これはテレワークなどで
 生活圏であるまちの本屋さんを利用する人が
 増えたということです。
 これをきっかけにして
 まちの本屋さんもいいなと
 固定客化すればいいのですが。

  

 ちなみにどんな本が売れていたかということも
 記事には出ています。  
 
    一斉休校によって需要が増えた学習参考書のほか、
    投資や自己啓発などのビジネス書、
    片付けの本などが売れている。

 ただ当然不安もあって
 コロナ禍が収束したあと
 巣ごもり需要がいつまで続くのかということ。
 今のうちに
 しっかりまちの本屋さんならではの
 ファンを作っておくことが大事だと思います。

 コロナ禍は人類の大きなピンチですが
 それをチャンスに変えるのも
 アイデア次第かもしれません。
 まちの本屋さん、がんばれ!

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4613-561c9354