FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  もうすぐ東日本大震災から10年になります。
  あの日亡くなった多くの人たちのことを思うと
  誰もが今でもふっと悲しくなるのではないでしょうか。
  ましてや
  父であったり母であったり兄弟、祖父母といった身内の方々
  親友や同僚、世話になった人、
  そして夫や妻、愛する子どもともなれば
  悲しみは消えることはないと思います。
  人が亡くなるのは
  さまざまです。
  そんな悲しみの中にいる人に
  ぜひ読んでもらいたいのが
  今日の絵本、
  『悲しみのゴリラ』です。
  落合恵子さんが翻訳されている
  海外の絵本です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  どうしてこんなに泣けてくるのだろう                   

 愛する人を亡くした悲しみから、人はどのように立ち直っていくのだろう。
 この本は絵本ですが、そんな深い問いを描いた一冊です。
 だから、絵本だからといって子どもだけのものではなく、今も悲しみの中にいる大人の人にも読んでもらいたい作品です。

 絵本はお葬式の場面から始まります。
 亡くなったのは、まだ若いママ。パパと男の子が残されます。
 ママが丹精込めた庭で、一人ぼっちでいる男の子に、一頭の大きなゴリラが近づいてきます。
 男の子はゴリラに「ぼくのママ、しんだんだよ」と話しかけます。ゴリラは「そうだね、しってるよ」と返します。
 こうして、男の子とゴリラの対話が始まります。
 ゴリラは男の子の心のなかにいるのでしょう。
 なので、ゴリラとの対話は男の子自身との向き合いです。
 男の子はこうしてママを亡くした悲しみと戦っていたのでしょう。
 ある時、男の子は部屋で泣いているパパを見つけます。
 「ママにあいたい。」という男の子と抱き合うパパ。
 そんな二人をゴリラは大きな体で包み込んであげるのです。
 この時を境にして、男の子とパパはママの喪失の悲しみを共有しあうようになります。

 男の子にとっての「悲しみのゴリラ」はやがていなくなります。
 ママを亡くした悲しみは決して去らないでしょうが、パパと悲しみを共有することで男の子は前を向くことができました。
 夕焼けの中を去っていくゴリラはもう「悲しみのゴリラ」ではないのかもしれません。
  
(2021/03/07 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4626-a6679605