FC2ブログ
 今夜の
 「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)で
 昨年3月に公開された
 若松節朗監督の「Fukushima 50」が地上波初
 ノーカットで放送されます。

  

 原作は
 門田隆将さんの『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』。
 描かれているのは
 2011年3月11日の東日本大震災の際に発生した
 東京電力福島第一原子力発電所の事故と
 それを最小限に食い止めようとした人たちの姿です。

 当時の福島原発所長吉田昌郎さんを演じているのは
 渡辺謙さん。
 その時の当直長伊崎さんを演じているのは
 佐藤浩市さん。
 その他、吉岡秀隆さん、緒形直人さん、安田成美さんなど
 オールキャストで演技陣を固めています。
 あの時無謀にも現地に向かった総理大臣役は
 佐野史郎さん。
 いい役なのかそんな役まわりなのか、どうでしょう。
 私は現場のたたき上げの職員を演じた
 火野正平さんがよかった。

 この作品は
 第63回ブルーリボン賞で作品賞を受賞していて
 もうすぐ発表される
 日本アカデミー賞でも優秀作品賞に選ばれるなど
 評価も高い一方で
 つっこみ方が足りないなどの批判もあります。
 私はうまく出来た作品だとは思いましたが
 もっとザラザラした感じが出ればよかったのにと
 感じました。
 きれいに撮られ過ぎているような気がしました。
 極端なことをいえば
 白黒画面で見せた方がもっと緊迫した印象が
 残ったのではないでしょうか。

 福島の原発事故は
 終ったわけではありません。
 今でも故郷に戻れない人たちがたくさんいます。
 あるいは
 事故処理だってまだまだ未処理です。
 あれから10年経っても
 厳しい状況は変わっていない。
 そんなことを思いながら
 今夜9時からの放送を見るといいかもしれません。

 門田隆将さんの『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』の
 書評はこちらからお読み頂けます。       再読する

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4631-03e314c6