FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日はみどりの日

    体内の水の流れやみどりの日     和田 悟朗

  そこで今日は
  みどりも鮮やかな表紙の
  長田弘さん文
  荒井良二さん絵の
  『森の絵本』を
  紹介します。
  ここ何日かで
  お二人の絵本
  『水の絵本』『空の絵本』、そして
  この『森の絵本』と
  紹介してきましたが
  どの作品も長田弘さんの文もいいですし
  荒井良二さんの絵も
  素敵です。
  お二人の個性が共鳴し合って
  より広くて深い絵本に仕上がったのではないでしょうか。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  だいじなものを さがしにゆこう                   

 みどりは目に優しい色だといわれています。
 初夏の頃の若葉のあざやかな緑を表わす夏の季語に「新緑」があります。
 俳句の世界では、その他に中村草田男の「万緑の中や吾子の歯生え初むる」で広く愛用されるようになった「万緑」という季語もあります。
 「歳時記」にはこの季語に「木々の緑が深まり、生命力に溢れる様子」と解説がついています。
 みどりには、優しさだけでなく、いのちの生き生きとした姿を感じさせます。

 この絵本の表紙も、そうです。
 荒井良二さんのみどり色を基調にした森の絵が目をやさしくすると同時に、ページの中へと引き込んでいきます。
 中には、詩人長田弘さんの文が、これもまた不可思議な呼び声となって、私たちを惹きつけます。
 「きみの だいじなものを さがしにゆこう」
 「きみの たいせつなものを さがしにゆこう」
 みどりの深い森の中に、その答えはあるのでしょうか。

 色や光や匂いや笑い声、いろんなものを見つけます。
 そして、本。子どもの時にとても好きだった本。
 「その本のなかには きみの だいじなものが ある。ぜったいに なくしてはいけない きみの思い出がー」と、声が教えてくれます。
 本の詩をたくさん書いてきた長田さんだからこそ書ける詩の一文のように感じました。

 そして、ふたたび森のみどりの中に私たちはいます。
 大事なもの、大切なもの、それはずっと探し続けるものでもあります。
  
(2021/05/04 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4683-819c8dd1