FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  イラストレーターの安西水丸さんが亡くなったのは
  2014年の3月。
  そんなに以前だったと
  意外な感じさえしました。
  それにしても71歳という若さで逝ってしまうのは
  早すぎましたよ。
  今日は
  長女の安西カオリさんが書いた本
  『ブルーインク・ストーリー 父・安西水丸のこと』を
  紹介します。
  娘が書いた父の思い出ということになりますが
  間あいだに
  安西水丸さんの挿画が入っているのも
  うれしい一冊です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  父親泣かせの追悼文集                   

 娘に限らず、子供というのはどこまで親のことを見ているのだろう。
 そして、そのことを親と話すことはあるのだろうか。
 「お父さん(あるいはお母さん)って、こんな人だよね」なんて、子供から話されたら途端に親の方が照れてしまいそうだ。
 安西水丸さんの長女であるカオリさんの場合はどうだったのだろう。
 「いつまでも親はいてくれるものだと漠然と思ってうたので、父に対してもっと親孝行らしいことをしたかったという思いが残る。」と、記された文章がこの本の中にあるが、カオリさんのそんな思いに反して仲のいい、少なくとも水丸さんに愛された娘の姿が浮かび上がってくる。

 イラストレーターの安西水丸さんが亡くなったのは2014年の3月。
 それからもう随分と時間が過ぎたものだ。
 本書は水丸さんの長女のカオリさんが、亡き父を語った文集である。
 父親のことがこう記された文章がある。
 「父はエンターティナーでもあった。無意識のうちにまわりを楽しくさせてくれる。そして笑顔にしてくれる人だった。」
 水丸さんなら、天国で照れていることだろうが、面とむかってはさすがにカオリさんもいえなかったにちがいない。
 でも、こんな父と娘っていいなぁ。

 そして、キメの文章がこちら。
 「父がいなくなって世界はがらりと変わってしまったけれど、父のくれた大切な時間を経て今の自分がありこれからも続いていく。」
 父親なら泣くしかない。
  
(2021/06/11 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4724-9f354657