FC2ブログ
 本屋さんに行くと
 新刊本や文庫本のコーナーだけでなく
 雑誌のコーナーも
 見て歩きます。
 なので、
 やっぱりいつも行く本屋さんの方が
 あの雑誌はここ、この雑誌はあそこと覚えているので
 チェックに楽ですね。

 買ったことがないのですが
 いつも気になる雑誌があって
 そのひとつが
 「絵本のある暮らし 月刊モエ MOE」です。
 表紙だけ見て
 時々手が出そうになったりしていた気になる雑誌です。
 今回の表紙は
 中川李枝子さんの『ぐりとぐら』。
 しかも。創刊500号とあるではないですか。
 うーん、どうしよう、
 買おうか買うまいか。
 買うなら近所の本屋さんにするか、と
 その時はいったん引き上げたのですが
 なんと近所の本屋さんでは
 売り切れ。
 系列の本屋さんの在庫を調べてもらったら、
 そこも売り切れ。

 浦和の大きな本屋さんに行っても売り切れ。
 そこの本店も売り切れ。
 「月刊MOE」は毎月3日発売ですから
 私が見つけたのはもう20日過ぎでしたから仕方がないかも。
 結局最初に見つけた本屋さんで
 買うことができました。

  

 「絵本のある暮らし 月刊モエ MOE」7月号(白泉社・930円)は
 「ぐりとぐら」のクリアファイルもついていたり、
 創刊500号記念号ということもあって
 よく売れています。
 そして、
 なんといっても巻頭大特集の
 中川李枝子さんの最新ロングインタビューがいい。
 リード文から引用します。

   長年、絵本と童話を創作してきた中川さんに、
   『ぐりとぐら』誕生のエピソードをはじめ、(中略)
   石井桃子さん、スタジオジブリとの交流やその中から生まれた作品も紹介。
   永遠に愛される中川李枝子さんの名作絵本・童話の秘密を解き明かします・

 そして、創刊500号の特集記事では
 絵本作家さんがMOEで語った金言集も載っています。
 その中から、せなけいこさんの名言を
 紹介しましょう。

   お母さんが喜ぶ本ではなくて、
   子どもが喜ぶ絵本をつくりたいと思っていました。
   だって、子どもを描いているんだから。

 永久保存の雑誌がまた増えちゃいました。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4741-4d5c8633