FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  アガサ・クリスティーの『もの言えぬ証人』を
  紹介します。
  ポアロものです。
  この作品は
  アガサ・クリスティーの愛犬ピーターに捧げられてもので
  献辞には
  「友人たちのうちで最も忠実であり、
  連れとして最も親しく」と
  大賛辞を捧げている。
  作品にも犬が登場して
  アガサ・クリスティーが犬好きだったことがわかる。
  いつもの
  霜月蒼さんの『アガサ・クリスティー完全攻略』では
  ★★★★☆
  ポアロものの中でも評価が高い作品。
  ちなみに
  私は犯人がわかりませんでした。

  じゃあ、読もう。 

  

sai.wingpen  犬派だったアガサ・クリスティー                   

 原題が「Dumb Witness」という。
 アガサ・クリスティーが1937年に発表したポアロものの長編小説。
 「Dumb」という言葉には「頭の悪い」とか「ばかな」という意味があるが、ここはやはり「口のきけない」という意味だろう。
 「Witness」は日本語タイトルにもある「証人」という意味もあるが、「目撃者」という意味もあるらしいから、こちらの方が作品の内容に近いような気がする。

 この作品ではポアロの相棒として馴染みのヘイスティングズの語りで事件が語られる。
 ある日ポアロのもとに見知らぬ老婦人から命の危険をうかがわせる謎の手紙が届く。
 ポアロたちがその老婦人の住所に行ってみると、なんと老婦人は死んでいた。
 つまり、今回は依頼人のいない事件なのだ。
 しかも、依頼人は病死となっていて、ポアロの出番はなさそうにみえる。
 ただ亡くなった老婦人には莫大な資産があって、それが親族ではなく家政婦に全額与えるという遺言が残される。
 ポアロは老婦人の住んでいた村で、医者や友人、そしてもちろん親族である姪や甥たちと接触して、謎を解き始める。

 では、タイトルとなった「口のきけない目撃者」とは誰であろう。
 この作品にはボブというテリア犬が登場する。
 老婦人はこの犬が日頃遊んでいたボールに足をとられて大けがをしたことがある。
 しかし、ポアロはこの事故に犯罪の匂いを感じる。
 「口のきけない」ボブは果たして「目撃者」だったのか。
 犬好きでなくても、夢中で読める作品だ。
  
(2021/07/13 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4752-96bca6c4