FC2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日から8月
  まさに夏休みの真っ最中。

     夏休み親戚の子と遊びけり     仁平 勝

  そんな時期に
  夏休みの宿題を思い出させてしまうようだが
  今日紹介するのは
  この夏の課題図書の一冊、
  すずきみえさん作の『そのときがくるくる』。
  低学年向きなので絵もたくさん。
  絵を描いたのは、くすはら順子さん。
  この本では
  ナスが苦手の男の子が登場します。
  ナスは料理のバリエーションもあって
  おいしい夏野菜だと思うのですが。
  彼に早く「そのときがくる」といいな。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  感想文が書けない、でも「そのとき」がきっときます                   

 夏が来れば思い出す、のは唱歌だけではありません。
 今年(2021年)もまた読書感想文コンクールの季節がやってきました。
 本書は、第67回青少年読書感想文全国コンクール課題図書の、小学校低学年の部に選ばれた作品。
 書いたのは、この作品がデビュー作というすずきみえさん。(姓がすずで、名がきみえとなっています)
 課題図書に選ばれたのですから、きっと多くの子どもたちに読んでもらえる、うれしい第一歩になったのではないでしょうか。

 不思議なタイトルだと思ったのですが、読み終わったあとは、うまくつけたものだと感心しました。
 この作品の主人公の男の子はナスが苦手。いつもは楽しい給食の時間も、ナスの料理だとなかなか食べ終わらない。
 夏休みになって、おじいちゃんとおばあちゃんの住む田舎で一週間泊まることになる。
 そこでも、ナスの料理が出るのだが、おじいちゃんは男の子に強要しない。
 いつか食べられるようになる日がくる。
 そう、「そのときがくるくる」だ。
 そして、男の子はほんの少しだけナスを食べることができるようになる。でも、大好きになるには、もう少し時間がかかりそう。

 この本を読んだ子どもたちは、「わたしもピーマンが嫌いなんです」とか「ぼくはニンジンが苦手」とか書きそう。この本を読んで、きっとそんな私たちにも「そのときはくるくる」と思います、なんて文章で締めくくりそう。
 でも、「そのとき」は食べ物だけではないはず。
 鉄棒ができなかったり、泳げなかったり。友達ができなかったり、そういう視点でも、この本は読めるはず。
  
(2021/08/01 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4773-830f11e1