fc2ブログ
プレゼント 書評こぼれ話

  漫画家のさいとう・たかをさんが
  9月24日、84歳で亡くなった。
  さいとう・たかをさんのすごいファンということでもなかったが
  思い出すのは
  2018年の11月に
  川崎市市民ミュージアムで開催されていた
  「連載50周年記念特別展 ゴルゴ13 用件を聞こうか…」展
  見に行ったことです。
  男性ファンが多いことに驚いたし、
  しかもその人たちの熱心なことをいったら。
  そんなファンの姿が今でも印象に残っています。
  この写真は展覧会に展示されていた
  さいとう・たかをさんとゴルゴ13。

  20181110_113909_convert_20181111174930.jpg

  この展覧会から1年後、
  川崎市市民ミュージアムは台風で甚大な被害を受け、
  最近取り壊しが決定したと聞きました。
  さいとう・たかをさんの素晴らしい展覧会を開催してくれた
  ミュージアムがなくなり、
  さいとう・たかをさんもいなくなりました。
  少しさびしい秋です。
  今日は追悼の意味を込めて
  2010年に書いた
  さいとう・たかをさんの『俺の後ろに立つな さいとう・たかを劇画一代』を
  再録します。

  さいとう・たかをさん
  あなたのおかげで劇画の世界がひろがりました。

  ご冥福をお祈りします。

  

sai.wingpen  追悼・さいとう・たかをさん - 再録書評「怖くて立てません」                   

 「劇画」といえば「さいとう・たかを」といえるほど、劇画界におけるさいとう・たかをの位置づけは大きい。その第一人者が「劇画」について書いたとなると、どのような内容なのか興味がわく。
 漫画の神様手塚治虫に吸い寄せられるようにして、漫画家をめざした若者は多い。昭和30年前後のことだ。のちに彼らは伝説となる東京「トキワ荘」に集結する。すなわち、手塚治虫、赤塚不二夫、藤子不二雄、石森(のちの石ノ森)章太郎、などなど。
 その一方で、貸本ブームにのって大阪で活躍している若者たちもいた。辰巳ヨシヒロ、佐藤まさあき、松本正彦、そしてさいとう・たかを。彼らは「手塚漫画」では表現できないもの、それはより映画的なものを目指そうとしていく。やがて、彼らもまた東京へと集結。
 そして、昭和34年、「劇画」が誕生する。

 さいとうたちが目指したものは「漫画」ではなく「映画」だったように思える。
 映画を描きとめようとしてたどりついたのが「劇画」で、それが「漫画」という表現方法に近かったということではないだろうか。つまり、「劇画」は「漫画」から生まれたものではなく、「映画」から生まれたものではないかということになる。
 今ではその「映画」ともまったくちがう独自の文化である「劇画」が生まれてきたともいえる。さいとうは本書のなかで「劇画独自の手法による劇画の特性を生かすための劇画作品」(59頁)という言葉を使っているが、それだけの特性が現代の「劇画」にはあるし、さいとうのような作り手側にもはっきりとした意識がある。
 やはり、日本の誇れる文化といっていい。

 本書では、さいとうの生い立ちと劇画家として独立していく姿をまとめた「原風景」、劇画の特性を語った「劇画」、さいとうの大好きな映画のことを綴った「シネマ」、そして、さいとうならではの「流儀」「持論」といった章にわかれている。できれば、辰巳たちとの大阪貸本時代のエピソードをもっと読みたかったが、いまだ口にはできないものがあるのではないかと推測する。
 さいとうたちが次の「漫画」を激論していた時代。彼らも若かったが、日本という国もまだ若かった。時代はまだ動き始めたばかりだ。
  
(2010/08/07 投稿)

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/4845-24039785