fc2ブログ
 9月10日(土曜)の朝日新聞朝刊の
 「多事奏論」という記者によるコラム欄に
 「ハァちゃんが残したもの 泣き虫だっていいんだよ」というタイトルの
 コラムが載っていました。
 書いたのは河合真美江さんという大阪編集局の記者。
 政治のことでも国際社会のことでも、
 ましてや経済のことでもない。
 ここに書かれていたのは。2007年7月に亡くなった臨床心理学者河合隼雄さんが最後に書いた
 自伝風の物語『泣き虫ハァちゃん』のこと。
 ハァちゃんというのは、河合隼雄さん自身のことです。

   

 この物語は兵庫県丹波篠山市に生まれた自身の思い出話が少年物語のようにして綴られています。
 六人兄弟の五番めとして生まれたハァちゃんは幼稚園児になっても、すぐ泣いてしまう泣き虫。
 兄弟たちにもからかわれ、自身も引け目を感じている。
 そんなある日、お母さんが「男の子も、泣いてもええんよ」と教えてくれる。
 やさしいお母さん、おもいやりのあるお父さん、ハァちゃんをからかっても面倒見のいい兄弟たち。
 そして、学校に行きだしたハァちゃんには信頼できる先生や心が通える友達もできる。
 河合さんの描く世界はいいことばかりではありません。
 先生に告げ口する同級生もいたり、なじめない先生もいる。
 きっと誰もが経験したことのある、子ども時代です。

 朝日新聞の記事はこう結ばれています。
 「今あらためて、隼雄さんの本を開いてみてはどうだろう。
 かちかちになった心がほどけていくような言葉に出会えるはずだ
 2007年に出た、決して新しいものではない本だが、
 それでも忘れないでこうして紹介してくれたおかげで、私もハァちゃんに出会えて、
 少しは心がほどけたような気がします。

 最後に、岡田知子さんの挿絵も素敵だったことを
 書き足しておきます。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/5192-6d89f8c2