fc2ブログ
 いい映画を観たあとは幸せになれます。
 もちろん、映画に限ったわけではありません。
 いい本、いい音楽、いい絵画。
 できれば、その時々で公開された作品ならいうことはありませんが、
 公開時に見逃した作品でも出会えたなら
 知らないでいるよりはうんといい。
 今日はそんな映画の話をしましょう。
 CS放送で観た映画「きみはいい子」の話です。

  

 映画「きみはいい子」は2015年に公開された
 呉美保監督の日本映画です。
 原作は中脇初枝さんの同名小説です。
 中脇さんの原作は5つの短編からなる連作集ですが、
 その中から3つの物語をチョイスして映画はできています。
 原作は登場人物も物語もそれぞれが違う短編ですが
 連作ということで作品の舞台は同じ。
 映画ではそのあたりをうまく映像化していて
 3つの物語がうまく交差しています。

 3つの物語。
 そのうちの1つは新任の教師がまかされた小学校のクラスの学級崩壊と
 そのクラスで親から虐待を受けているらしい男の子の話。
 新任教師役を高良健吾さんが演じています。
 クラスをまとめるのに行き詰った新任教師が最後にたどり着いたもの、
 それは「家族に抱きしめてもらう」という宿題。
 この挿話だけでなく、
 この映画にはハグする場面がしばしば描かれます。

 2つめの物語は、
 かつて親から虐待を受けて成人した女性が主人公。
  生れてきた子供をつい虐待してしまう女性の苦悩を
 尾野真千子さんが熱演しています。
 そんな彼女のママ友で
 唯一彼女の苦悩に気付く女性がいます。
 実は彼女もまた小さい頃に虐待したことがあります。
 そのママ友を演じるのは池脇千鶴さん。
 いつもながら確かな演技です。
 ここでも最後は池脇さんが尾野さんを抱きしめます。

 最後の物語は、
 認知症をわずらいつつある老女と
 障害を持った男の子の交流の物語。
 どの挿話でもそうですが、
 映画のタイトルの「きみはいい子」が一本の糸になって
 つながっています。

 幼い時に「きみはいい子」といって育ててもらった人は
 なんて幸せでしょう。
 でも、見逃した映画をみてもよかったと感じるように
 大人になってからでも
 「きみはいい子」といわれることは
 やっぱり幸せなことでしょう。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/5489-713a3c39