fc2ブログ
 「ディスる」という言葉をよく耳にします。
 私自身はほとんど口にしたこともなく、意味もよくわからなかったので、
 ちょっと調べてみました。
 意味は「悪口をいう」とか「バカにする」といったことで、
 英語の『disrespect』が語源だとか。
 その「ディスる」した映画があります。
 それが2019年に公開された「翔んで埼玉」(武内英樹監督)。
 原作は「パタリロ!」で有名な魔夜峰央さん。
 「ディス」られているのは、埼玉県。
 何しろ、「埼玉県人には、そこらへんの草でも食わせておけ!」と揶揄され、
 それが話題となるほど。
 それでも、埼玉県人はこの映画に大勢押しかけ、しかも大爆笑。
 一体埼玉県人はどれだけM体質なのか。
 しかも、続篇がないのか、続篇まだかと
 自身の「ディスる」をさらに要求する始末。
 そして、ついにこのたび、その続編が公開されました。
 今日は現在公開中の映画「翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜」の話です。

  20231203_094332_convert_20231208090324.jpg

 映画「翔んで埼玉〜琵琶湖より愛をこめて〜」は2023年11月23日公開の日本映画。
 監督は前作同様武内英樹さん。
 もちろん、主演のGACKTさんと二階堂ふみさんは変わらずだし、
 浦和と大宮の覇権争い(実際今でも仲悪いとはよく聞きます)と
 間にウロウロする与野の情けなさも健在。
 そして、今回は海のない埼玉が海を求めて和歌山に出ていくが、
 そこで強烈個性の大阪・神戸・京都の企みに巻き込まれるという
 奇天烈なお話。

 今回「ディス」られているのは、埼玉だけでなく、
 「琵琶湖以外何もない」と揶揄される滋賀県とまわりの奈良や和歌山。
 その滋賀で大阪連合と闘っている闘士・魁(かい)に扮しているのがさん。
 なんと彼?とGACKTさん演じる麗(れい)が兄弟ということも判明するという
 恐ろしい展開に。

 この映画の面白さは各県への「ディスる」感だけではなく、
 出演している俳優たちの顔ぶれ。
 大阪府知事を演じているのが片岡愛之助さんで、
 その妻役の神戸市長を演じているのは
 実生活でも夫婦の藤原紀香さん。
 夫婦の共演は初めてだとか。
 大阪が企む粉もん工場で出現するゆりやんレトリィバァさんの役どころは
 「チャーリーとチョコレート工場」に登場する妖精を彷彿とさせ
 笑わせてくれる。
 といったように、映画を観終わったあと、
 えっ!? あの俳優どこに出てたの? みたいなことになること必至。

 「埼玉の皆様、続編作ってゴメンなさい」というキャッチコピーにお構いなく、
 埼玉県人は映画館に奔り、埼玉を笑いとばす
 なんともおおらかな県民性を発揮し、
 映画館は大入りだとか。
 なんとも、慶事!

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/5638-f1d47c98