fc2ブログ
 三月になりました。
 三月といえば、卒業シーズン。
 「仰げば尊し」とか「蛍の光」なんかは
 今でも歌っているのかしら。
 「仰げば尊し」に「わが師の恩」なんていう歌詞が出てきますが、
 そんな恩なんか受けていないという人も多いでしょうが、
 著名人の自伝とか評伝を読むと
 必ずその人に影響を与えた教師がいることに気付かされます。
 学生時代は友との出会いだけでなく、
 そういう先生との出会いもとても大切ですし、
 そういう先生と出会えた人をうらやましく思います。
 そのせいでしょうか、映画でもドラマでも
 先生と教え子との関係を描いたいい作品がたくさんあります。
 今日はそんな中から、
 映画「いまを生きる」の話です。

  4959241930712_convert_20240301084158.jpg

 映画「いまを生きる」は1989年公開のアメリカ映画です。
 第62回アカデミー賞で脚本賞を受賞しています。
 監督はピーター・ウィアー
 主人公である型破りな英語教師を演じるのは
 ロビン・ウィリアムズ
 この人の出演作品を調べると
 綺羅星のようでいかに人気があった俳優だったということがわかります。
 残念なことに彼は2014年に64歳で自死してしまいます。
 うつ病だったとか言われていますが、
 名優だっただけに残念です。

 物語は全寮制の優秀な男子校に赴任してきた英語教師が
 破天荒な授業で多感な生徒たちとともに生きる姿を描いています。
 そんな教師に影響されて自分の好きな道を歩き出そうとした一人の生徒が
 父親に反対され、自殺をしてしまいます。
 生徒たちを扇動したとして英語教師は退官させられますが、
 ラスト、教師を慕う生徒たちが彼らなりのパフォーマンスで
 教師を送り出します。

 この映画の中でロビン・ウィリアムズ扮する英語教師が話す
 さまざまな言葉に感銘することが多いですが、
 中でも気に入ったのは、
 父親との確執に悩む生徒に向かっていう、こんな言葉。
 「家来になるな」
 そんなことを言ってくれる先生って
 やっぱりいいですよね。
 その生徒を救えなかったことが
 おそらくこの教師にとってどんなに悔しかったことか。
 ロビン・ウィリアムズの演技から目が離せない作品です。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/5724-e89529aa