fc2ブログ
 詩人石垣りんの詩篇の紹介とそれに添えられたエッセイを集めた『詩の中の風景』は、
 詩人生前の1987年から92年の長きにわたって「婦人之友」に連載されていたもの。
 53篇の詩の紹介は、
 佐藤春夫にはじまり谷川俊太郎茨木のり子といった同世代の詩人に至るまで
 見事に選びとられている。
 目次に並んだ詩人の名前を眺めているだけで、
 この国は豊かな言葉を生み出す風土を持っていたと感じいる。

   9784122074798_1_4_convert_20240405083429.jpg

 このエッセイで初めて知る詩人もあって、
 そのうちのひとりが大関松三郎
 大正15年生まれの大関は戦争で亡くなっていて、
 詩人としての才能は小学生の頃に書いた手書きの詩集だったという。
 石垣は大関の詩集『山芋』から「虫けら」を紹介していて、
 添えられたエッセイにこんな一節を綴っている。
 「かなり評判になった本でもたちまち絶版、廃刊になってしまう。
 濁流のようなものの勢いを感じます。」
 こういう文章を辛辣と世間ではいうかもしれないが、
 石垣りんの魅力はそこにあって、
 だからこそ時代を見つめる視点に揺るぎがない。

 また、別のエッセイでこんな文章を見つけたりする。
 「私は自分の言葉が欲しかったのだろうと思います。
 これだけは言いたい、これを言うからにはどんな目に会ってもいいと。
 もし、時代が今でも石垣りんを欲しているなら、
 この世界は彼女が生きた時代とそう変わっていないのだろう。
 もっと自由であれ、と石垣りんの声が聞こえてきそうだ。

    芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Secret

TrackBackURL
→http://hontasu.blog49.fc2.com/tb.php/5763-4ed16cfd