プレゼント 書評こぼれ話

  昨日の『回想 太宰治』は
  野原一夫さんという編集者から見た
  太宰治でしたが
  今日紹介する
  『回想の太宰治』は
  妻である津島美知子さんの眼から見た
  太宰治です。
  野原一夫さんの作品はうんと昔に読んだことがありましたが
  津島美知子さんのこの本は
  初めて読みます。
  といっても、
  初版が1978年で
  この増補改訂版も1997年のものです。
  この時には
  津島美知子さんは亡くなっていて
  「あとがき」を記しているのは
  園子さんと里子さんの
  二人の遺児です。
  津島里子さんは
  いうまでもなく
  作家津島佑子さんです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  妻の眼から見た太宰治                   

 太宰治の短い、わずか39年の生涯において、なんとも色濃い女性との関係があるが、唯一彼の本名である「津島」姓を自分のものとした女性が、本作の著者津島美知子さんである。
 情死した相手山崎富栄さんは「愛人」であるが、美知子さんはれっきとした「妻」である。
 だから、この回想記は「妻」の眼を通してみた太宰治であり、ある意味で山崎富栄さんが知ることのなかった津島修治としての回想である。

 美知子さんが太宰と井伏鱒二を通じて知り合ったのが昭和13年(1938年)。太宰29歳、結婚を機に生活を一新しようと決意した。 この時、美知子さんは26歳。
 確かにこのあと、太宰にとって平安な暮らしと作家としての充実の日々が始まる。
 しかし、時代は戦争へと突入していく。
 三鷹を焼き出され、甲府もまた戦火にあい、太宰たちは生まれ故郷の青森・金木での生活を余儀なくされる。
 しかし、もしかしたら終戦をはさんだ金木での生活が太宰の亡きあと、美知子さんを支える糧になっていたかもしれない。
 この回想記に収められた太宰の生家の様子、父や母、兄や姉のことは、山崎富栄さんには絶対書けなかった事柄で、「妻」美知子さんだからこそ書けた真実だろう。

 時に美知子さんの視点は冷たくも感じることもあって、もしかしたら太宰にとって山崎富栄さんやほかの女性は癒しのようなものがあったかもしれない。
 美知子さんはいう。
 「太宰がその作品に書いている自分自身のこと、それが彼の「自画像」なのだ」と。
 そして、そんな太宰を見ている美知子さんもまた「自画像」を書いたかもしれない。
  
(2018/06/20 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は桜桃忌

     林道を深くも来たり桜桃忌     波多野 爽波

  そこで今日は
  野原一夫さんの『回想 太宰治』を
  紹介します。
  この回想記に登場する人物の
  多くはすでに鬼籍にはいっていますが
  太宰治が当時純粋にかわいがった少女
  林聖子さんは
  今でもお元気いらっしゃいます。
  先にこのブログでも紹介した
  「東京人」7月号でも
  作家の堀江敏幸さんと対談して
  「太宰さんの指、その関節が長くてすごくきれいでした」と
  実際にその眼にとどめた
  太宰治のことを
  回想しています。
  あわせて読むと面白い。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  若き編集者が見た晩年の太宰治                   

 太宰治の生前、彼を慕うように多くの若い編集者が彼のまわりに集まった。
 中でも高校の時から太宰に講演を依頼したり習作を見せたりして私淑していたこの作品の著者野原一夫氏は学校を卒業後、新潮社に入社し、同期入社の野平健一氏とともに晩年の太宰の様子をもっともよく知る編集人の一人だ。
 晩年の太宰とは、もちろん代表作ともいえる『斜陽』や『人間失格』を書いた作家であり、同時に『斜陽』のモデルとなった太田静子さんと子ども(作家の太田治子さん)誕生のことで悩み、そして毎夜のように酒を飲み、やがて山崎富栄さんと情死にいたる、そんな日々を過ごしていた頃である。

 そんな晩年の太宰を回想したこの作品は1980年に初版刊行され、没後50年にあたる1998年に「新装版」として出版された。
 その時、野原氏は「太宰治歿後五十年に際し」という巻末の文章で、昭和28年の第4回の桜桃忌の写真が残っているが、歿後50年も経つと、その多くの方が亡くなっていると、時の経過を偲んでいる。
 太宰が亡くなった時、自分(野原氏)はまだ25歳の若者だったが、亡くなる前の1年8ヶ月、三日にあげず太宰に会っていたという。
 この時から、さらに20年。今年(2018年)は太宰治の没後70年にあたる。
 そして、そんな野原一夫氏ももう生存していない。(1999年に亡くなっている)

 回想の中でなんといっても印象的なのが、太宰の死の様子である。
 6月13日にその消息がわからなくなり、雨の玉川上水で19日の早朝、太宰と富栄さんは遺体で見つかる。
 人にその姿を見せまいと若い野原氏たちはまわりを取り囲んだとある。
 まさにそこから太宰治は「伝説」となっていったような気がする。
  
(2018/06/19 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 本格的な梅雨の季節になって
 ここ何日間か
 梅雨寒の日が続いています。
 梅雨の頃の季節外れの寒さを
 梅雨寒あるいは梅雨冷といいますが
 この言葉も歳時記にちゃんと載っています。

    梅雨寒や背中合はせの駅の椅子     村上 喜代子

 野菜づくりをしていて
 天候は気になるところですが
 もう一つ、虫対策も重要な項目。
 なんといっても天敵はアブラムシ
 今私の畑ではしている虫対策を
 今日は紹介しておきます。
 まずはこちら。

  CIMG2568_convert_20180610083008.jpg

 キュウリの畝のネットにからませているのは
 銀色のテープ。
 アブラムシは銀の反射を嫌うといわれています。
 その一方で
 黄色い色が好きだとか。
 そこでナスの畝のそばに
 黄色いバケツを置いています。

  CIMG2557_convert_20180603141551.jpg

 バケツの中は水をはっているだけですが
 虫が飛びこんで
 あはれ、水死。

 ただどんなに対策しても
 全滅することはありません。
 今年の夏も
 虫たちと一進一退の攻防が
 繰り広げられます。

 雨が続いていますが
 中玉トマトもよく見ると
 色づきかけています。

  CIMG2580_convert_20180617135903.jpg

 こちらはエダマメ

  CIMG2583_convert_20180617135948.jpg

 そして、こちらは
 モロヘイヤ
 左にあるごちゃごちゃしているのが
 オカヒジキ

  CIMG2585_convert_20180617140033.jpg

 梅雨が明けて
 太陽が照り付つけるのが待ち遠しい。

 これは水ナス

  CIMG2578_convert_20180617135749.jpg

 りっぱに育ったので
 この日収穫しました。

  CIMG2586_convert_20180617140109.jpg

 収穫はトウモロコシもしましたが
 やっぱり
 水ナス。
 なんといっても、私の菜園の
 この夏の期待の野菜ですから。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は父の日

    父の日の隠さうべしや古日記       秋元 不死男

  先日新聞にはさまっていた
  大型スーパーのチラシを見ていて
  自分は父には違いないが
  きっと父の日のお父さんはうんと若く、
  私はきっと敬老の日の方が
  合っているのだろうということに
  気がついて
  愕然としました。
  だって、そのチラシで父の日で売ろうとしていたものは
  みんな若いお父さんのものばかり。
  仕方がない・・・か。
  今日はセルジュ・ブロックさんという
  フランスの絵本作家の
  『ぼくとパパ』という絵本を
  紹介します。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  おしゃれな家族を描いたおしゃれな絵本                   

 おしゃれ。漢字で書くと、お洒落。
 あの服おしゃれね、とか、あそこのレストランお洒落だって、なんて使う。
 ラーメン屋さんであまりおしゃれって使わない。
 意味を調べると、「洗練されている」と出てくる。ラーメン屋さんだって洗練されているお店はあるだろうが、やはりどちらかといえば、もっと脂っこい。
 フランスの絵本作家セルジュ・ブロックさんが描いたこの絵本は、おしゃれだ。
 絵の感じが日本のものとはやはりどこか違う。
 その差が、おしゃれという言葉になりそうだ。

 サムという男の子の家も、なんとなくおしゃれ。
 絵を描く仕事をしている、ちょっとおなかがでて、頭も少しうすくなっているパパも、ショートな髪型で細身のママも、わがままな、それはきっとサムより年下だから仕方がないんだけど、弟のレオンも、みんなおしゃれだ。
 どうしてそう見えるのだろうって考えて、それはセルジュさんの絵の彩色がとってもおしゃれなことに、洗練されていることに、気がついた。

 サムはパパが大好きだから、だって「大きくなったらパパになる」っていうくらい好きなので、パパの癖とか行動パターンとかみんな覚えている。
 だから、この絵本はサムが大好きなパパがいっぱい描かれている。
 でも、それはフランスの、サムのパパだけのお話ではない。
 きっと日本の、君たちのそばのお父さんも、きっとサムのパパのように、おしゃれなはずだ。よく見ると。
  
(2018/06/17 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  今日は
  コピーライターの川上徹也さんの
  『1冊のノートが「あなたの言葉」を育てる』という
  長いタイトルの本を紹介します。
  ノートとかメモとか
  それに関するハウツウ本を
  一体どれくらい読んできたでしょう。
  それに
  仕事をしている時に
  使っていたノートは山ほどあって
  皆さん仕事をやめたあと
  そういうノートって
  どうしているのでしょう。
  なんだか捨てるに捨てきれない。
  まだまだ自分の「言葉の木」が大きくなるかも
  しれませんし。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  読み返すことがいかに大事か                   

 この本のタイトルにある「あなたの言葉」とは何でしょう。
 それは誰かの口真似でもないし、うわべだけのものでもない。
 自分自身の内面で作り上げられた「言葉」ということです。
 著者の川上徹也さんの肩書に「コピーライター」とありますから、それなら「言葉」は重要だろうが、自分は関係ないと思った人はいませんか。
 そんなことはありません。
 どんな職業にしろ、自分の考えを伝えるのは「言葉」ですし、仕事の出来具合であったり進行状況だって報告するのは「言葉」です。
 ましてや、仕事上の大事なプレゼンとなれば、「言葉」は欠かせません。

 この本ではそんな大切な「言葉」を「言葉の木」として育てるためのノウハウを教えていますが、「仕事や日常のコミュニケーションで使うためのものを基本」としています。
 ここで教えてくれることは、まず「日々の気づきを書き記す」ノート、「日気ノート」です。
 川上さんがコピーライターということもあって、こういったネーミングにすごく長けています。
 実はこの本では「1冊のノート」ではなく、「仕事の軸」を作る「内幹ノート」とアウトプットを積み上げる「出言ノート」を作ることを薦めていますが、根っこは「日気ノート」だと思います。

 そして、何より大事なことは「書きっぱなし」にしないこと。
 これはこのノートだけでなく、メモとかあるいは日記なんかでもそうかもしれません。
 書いていることで安心してしまうのではなく、「見返す」ことが大事だと教えてくれています。
  
(2018/06/16 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス