プレゼント 書評こぼれ話

  今日はバレンタインデー

    いつ渡そバレンタインのチョコレート    田畑 美穂女

  バレンタインという言葉だけで
  6文字ありますから
  俳句を詠むのもなかなか難しいですが
  上の句、
  見事にその情景を描いています。
  女性は
  この気持ちよくわかるのではないでしょうか。
  そんな恋の日に
  ぴったりの本を紹介しましょう。
  益田ミリさんの『すーちゃんの恋』。
  再録書評ですが
  甘い恋のお話です。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  すーちゃんってこんなひと                   

  益田ミリさんの「すーちゃん」シリーズの4冊目。今回は主人公すーちゃんの切ない恋が描かれます。
 すーちゃんを知らない人にプチ知識。
 すーちゃんの本名は、森本好子。そういえば、亡くなった元アイドルグループキャンディーズのメンバーのすーちゃんは田中好子さんでしたね。
 好子さんって、全国的に「すーちゃん」と呼ばれてるんでしょうか。余談ですが。
 年令は37歳。「エーッ、すーちゃんってもうそんな年なんだ」と思った人は、長年の「すーちゃん」ファンですね、きっと。ご自身もそれだけ年令を重ねていることをうっかり忘れてることってよくありますよね。これも、余談ですが。
 出身は鹿児島。鹿児島の女性の気質は、しっかり者らしい。
 もともと男尊女卑の根強い国だったらしくて、女性は控え目で真面目。もっとも根性は座っているようです。すーちゃんを見てると、結構メゲたりしますが、最後は自分をしっかり見ています。そのあたりは鹿児島の女性らしいのですかね。

 持っている資格は、調理師免許。
 この巻では以前働いていてお店を辞めて、保育園の給食調理師としてがんばっています。
 意外なのは、そろばん4級。普通だったら、3級まで取りますよね。どうして4級でやめたのかわからないけど、すーちゃんらしいといえば、調理師より、そろばんの方かも。
 趣味は料理。保育園の給食調理師になったすーちゃんは子どもたちに楽しんで食べてもらおうと、家に帰っても勉強熱心。趣味を生かしています。
 友人はそんなに多くはない。親しいのは、さわ子さんとまい子さん。
 さわ子さんは41歳で未婚。すーちゃんが結婚で悩んでいる以上に、さわ子さんの方がもっと深刻。「子供を産まない人生なら、あたしの生理ってなんのためにあったんだろ」なんて、ため息をつく。男性読者にとっては、ドキッとするようなせりふ。
 「すーちゃん」シリーズは女性に人気だけど、男性諸君、さわ子さんのこの名言忘れてはなりませぬぞ。
 まい子さんは一児の母。だけど、これでいいのかなぁ、と悩みはつきない。

 さて、問題の一項目。
 すーちゃんは独身。好きな人? います、います。
 以前働いていたお店の近くにあった本屋さんの店員の土田君。33歳ですから、すーちゃんより年下。しかも、恋人あり。あれれ。すーちゃんつらいよね。
 というわけで、プチ知識ですまなくなりました。
 すーちゃんの切ない恋は、本書で、じっくり。
  
(2013/01/26 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
 先日の2月10日、
 作家の石牟礼道子さんが亡くなった。
 石牟礼道子さんといえば、
 水俣病で苦しむ人々を描いた『苦界浄土』が有名で
 その作品は高く評価されている。
 その連載が始まったのは
 1965年だという。
 石牟礼道子さんが38歳の時で
 当時石牟礼道子さんは主婦で
 そこから始まる祈りの道を
 亡くなる90歳まで休むことなく歩み続けたのだから
 頭がさがる。

 ご冥福をお祈りします。

 主婦といえば
 第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子さんも
 主婦でしたが
 その受賞作『おらおらでひとりいぐも』の単行本が
 50万部を突破したという報道もあって
 「おらおら」ブームに
 出版社、本屋さんとも喜んでいるのでは
 ないでしょうか。
 そんな中、発売されたのが
 「文藝春秋」3月特別号(文藝春秋・980円)で
 毎年恒例の芥川賞全文掲載が目玉となっている。

  

 今回は『おらおらでひとりいぐも』と
 石井遊佳さんの『百年泥』の2作受賞でしたから
 今号にはその2作が掲載されているので
 お得感満載です。
 でも、『おらおらでひとりいぐも』は
 以前このブログにも書きましたが
 単行本で読まないと
 読むのがきついかもしれません。

 出版界にはもう一冊、
 吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』の再ブームが来ていて
 漫画本はすでに100万部を超えてとか。
 ならばと
 今月号の「文藝春秋」では
 吉野源三郎さんの長男である
 吉野源太郎さんと池上彰さんの対談
 「父・吉野源三郎の教え」をはじめ、
 「日本の教育を建て直せ」という
 総力特集が載っています。
 ここにアルマーニ問題で揺れる
 泰明小学校の記事があれば
 もっと興味津々でしたが
 さすがにそこまでは無理でした。

 と、
 今月号も読み応え十分な
 「文藝春秋」でした。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
 今年の冬は寒い。
 寒いので
 外に出るのも億劫になるが
 昨日(2月11日)の日曜日
 畑までの道を歩いていたら
 梅の花がちらちら咲いているのを見つけました。

  CIMG2386_convert_20180211134510.jpg

    春浅き空へさし入る木々の末(うれ)      星野 恒彦

 もう少し寒い日が続くだろうが
 それでも確かに
 春は来ているようだ。

 昨日私の菜園では
 フォローアップ講習会がありました。
 畝づくりやマルチ張りのコツを教えてくれるとあったので
 それはいいと出かけてきました。
 この春で
 菜園を始めて4年めを迎えます。
 最初の時は
 こちらも真剣に聞いていましたが
 そのうちにコツがわかってきましたが
 せっかくなので
 もう一度初心に戻って
 勉強してきました。

 ここ何週か、このブログでも書いていますが
 やはり土づくりが大切で
 このようにどちらの土がいいかを比べたり

  CIMG2383_convert_20180211134349.jpg

 ちなみに写真でいうと
 右側の土がいいそうです、
 肥料の成分を教えてくれました。
 それと
 実際にアドバイザーの人が
 畝づくりやマルチ張りを実演してくれました。

  CIMG2385_convert_20180211134429.jpg

 さすがにうまい。
 勉強になりました。

 栽培の方は
 イチゴの冬眠ももう少し。

  CIMG2382_convert_20180211134301.jpg

 枯れている葉は
 採りました。

 いよいよ今週のおわりぐらいから
 春夏野菜の栽培の講習も始まります。
 畑の春もまもなく
 やってきます。

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プレゼント 書評こぼれ話

  本当に本とは不思議なもので
  今日紹介する
  加藤休ミさんの『おさかないちば』との
  出合いも
  書評に書いたように
  新聞の広告で名前を知って
  そのあとたまたま図書館で絵本を探していたら
  この特長ある名前が
  飛び込んできたというわけです。
  たまたまでしょうが
  私のアンテナに
  加藤休ミさんが引っかかったのですね。
  原画で見たいものです。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  クレヨンといってもバカにはできない                   

 加藤休ミという絵本作家のことを、最近まで知らなかった。
 日本経済新聞の本の広告であったが、今、どの広告であったか探したがわからなかった、
 確か、クレヨンで実物そっくりの絵を描く、みたいな広告であったと思う。
 それだけでも興味をひいたが、その作者の名前が「加藤休ミ」。休ミ、がなんとも印象に残る。
 そこで調べてみると、1976年北海道釧路生まれの女性である。
 確かにクレヨン画家とある。
 しかし、もともと彼女はクレヨン画家になりたかったわけではない。
 「とにかく何かやりたい」と東京に出てきて役者の勉強をしたが、挫折。(よくある話)
 そして、いたずらで始めていた絵の世界にはまって、イラストを描き始め、苦節(?)6年ぐらいで連載を持つようにまでなったそうです。

 彼女の絵の魅力は、なんといってもその細かさ。
 これがクレヨンで描いたの? と疑いたくなるくらい、本物っぽい。
 この絵本では彼女が得意とする魚がたくさん登場するから、彼女のファンにとっては欠かせない一冊だし、私のように加藤休ミ初心者にとって、これが加藤休ミかという衝撃を受ける一冊でもある。

 特に見て欲しいのは、キンメダイとその横に並んだイトヨリダイ。
 一体これだけの絵を彼女は何日で仕上げるのか知らないが、なんとも鮮度のいいおいしさであることか。
 これがクレヨン画としたら、クレヨンそのものも見直さないといけない。
 ぜひ、見て(読んで)欲しい一冊だ。
  
(2018/02/11 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス
プレゼント 書評こぼれ話

  私はいわゆる「定年関連本」が好きである。
  きっとそんなことを書いたら、
  今日紹介する『定年バカ』の著者
  勢古浩爾さんにバカにされるだろうが、
  放っておいて欲しい。
  いろんな人生を見ているようで
  楽しいではないか。
  この本でいろんなことに文句を言っている
  勢古浩爾さんだが、
  それで何か間違ったとしても
  「それはしかたがない。自分で選んだことである」と
  いさぎよい。
  この本を読んだのも
  自分で選んだこと。
  だから、文句を言っては
  申し訳ない。
  いっぱい言ったけど。

  じゃあ、読もう。

  

sai.wingpen  突然性格が変わり出したら要注意                   

 年をとると、性格が変わる人がいるといいます。
 それまで大人しかった人が攻撃方になったり、その逆もまたあったりして、認知症の予兆とか前兆とかいわれたりしていますが、逆ギレは若者だけでなく老人にもあります。
 2017年、内館牧子さんの『終わった人』や楠木新さんの『定年後』といった、いわゆる「定年関連本」がヒットし、自身すでに『定年後のリアル』という著作もある著者が、きっと優秀な編集者さんの誘いを受けて、バッサバッサと文句の言いたい放題。
 もし、この本の企画がなければ、きっと勢古さんはこれらの本のほとんどは読まなかったのではないだろうか。
 何故なら、興味がないから。
 それが必要に駆られて読むわけで、文句のひとつもふたつも、いやいや全面否定も言いたくなるわけです。
 なんなら自身の『定年後のリアル』もバッサリお斬りなったらいいのに、それはそうで別の話なのでしょう。

 勢古さんが言いたいことは結局「自分の好きにすればよい」ということで、だったら他の書き手がどう書こうと黙っていたらいいものを、そうなれば本として成立しないから、好きにしているところに嘴を突っ込んでいることになる。
 あまり文句を言っていると、勢古さんと同じ兆候になってしまうので、そこまでにするが、
 全9章の中で読み応えのあるのは最後の章ぐらい。
 それと、この本で紹介されている「定年関連本」の評価一覧はうまくまとまっている。
 もっとも、その中にも『定年後のリアル』がないのは、これらの本と比べたくもないということだろうか。
  
(2018/02/10 投稿)

  芽 「ブログランキング」に参加しています。
     応援よろしくお願いします。
     (↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 今日もクリックありがとうございます)
 
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビュープラス